​ゲストハウス無我

彦根市芹橋にある築100年を超える古い民家を利用したゲストハウスの計画。

老朽化した古民家をそのまま利用することはコストやホスピタリティー、法規を考えると課題が多い為、新たに宿泊棟を建築する方法を提案しています。古民家を利用しながらも、古民家に泊まるのではなく、快適な環境で庭越しに古民家を眺めながら泊まることができる施設です。